商品に不明な点がある場合や、値引き交渉をしたい時に購入者からメッセージが寄せられるのがコメント欄です。質問者以外も参考にする質問は残しておくべきですが、値下げ交渉は削除がオススメ。削除した方がいい理由について注意点と共に紹介いたします。

削除した方がいい理由

購入者からの値下げ交渉は、提示された金額が許容範囲内でなければお断りすると思いますが、「この値段であれば…」と金額をこちらから提示することもありますよね。
そのまま取引成立すればよいのですが、保留にされてしまった場合はコメントがそのまま残り、他の購入希望者の目に留まることになります。

例えば…
購入者A「300円で購入希望ですが、お値引き可能でしょうか」
出品者「400円であればお値下げ可能です。ご検討よろしくお願いいたします。」
購入者A「お返事ありがとうございます。少し検討させていただきます」

この一連の流れを見た購入者Bが、「400円で購入したいのですが、お値下げ可能でしょうか」と依頼してくる場合があります。自身で最初に決めた値段で売りたいと思っていても、一度400円で提示した手前、断りづらくなり値下げ前提で売らなくてはいけない状況が出来上がってしまいます。

自身であらかじめ設定した金額で売るためには、値下げ依頼が来て取引不成立となった時にはコメントを消した方が良いのです。

削除する時の注意点


購入者から値下げ依頼が来て、こちらから金額提示をしたものの返事が返って来ないことがあります。意図的に返信をしない、いわゆるコメント逃げなのか、ただ単に忙しくて返事が出来ないだけなのか分からないですよね。
この場合、すぐに消すとトラブルに発展してしまうので、1日経っても返事がない時には「○○までにお返事がない場合、他に購入したい方がいるかもしれませんのでコメントを削除させていただきます。ご了承くださいませ。」と、こちらからコンタクトをとってみて下さい。
期日を過ぎても音沙汰がない時には削除をしてしまいましょう。

メルカリでは即購入が基本ですが、他の人が交渉中なので購入を遠慮してしまう方もいます。売れるはずの商品が売れないといったケースもありますので、削除は必ず行っていきましょう。

また、値下げ不可商品と記載しているのに値引き交渉してくるや、「半額にしてくれませんか」といったマナーが悪い人には無視して放置してしまう出品者もいますが、他の購入者への印象も悪くなってしまうので、コメントでしっかりと大人の対応でお断りしてください。嫌悪感しか抱かず、どうしても関わりたくないと感じる方は、商品ページがコメントで荒らされてしまう危険もあるのでブロックしてからコメントを削除すると良いでしょう。

まとめ

希望金額で売りたいのに売れない。販売機会を逃さないためには、メルカリ出品のこまめな運営はとても大切です。少し手間に感じてしまうこともありますが、売り切りたいと考えている方は一つ一つ丁寧に実践していってくださいね。

おすすめの記事