昨今、学校教育で英語習得の大切さを訴える社会状況が増え、2020年の教育改革制度に英語教育の改革といった取り組みに文部科学省も働き掛けています。しかしながら、学校教育では習得も困難です。だからこその、英語学校や英語塾といった学び舎にもスポットがあたるのです。今回は、教育全般のSEO集客の考え方について考えてみましょう。

英語習得は学校では難しい


小・中・高校に大学まで、義務教育課程から大学までの10年以上の学習期間で英語を学ぶことはできるのですが、習得に至るまでの実力を備える学生は数少なく、日本人の英語力は海外の中でも最低ランクと言われています。

そんな実態の中で、英語習得を本気で考えるのは社会人になって必要に迫られた状況に追い込まれて本腰をいれたサラリーマン。自身の夢を実現するために海外留学を目指す学生。
しかし、日本の学校での英語教育は英語をマスターすることはできません。
現に自分も挫折した一人だったりもします( ;∀;)

このようなケースで、実用的な英語力を教えてくれるのが英語学校や英語塾といった教育機関になります。
全国展開する総合塾などでは、受験や学校のペーパーテストやTOEICなどのスコアアップを目指す教育であり、実際に4技能(Listening/Speaking/Reading/Writing)を操れる人材に成長させてくれる英語学校は限られます。

そして、教育という強豪が多いカテゴリーで、他との違いを生み出すためには、クライアント側がユーザビリティを意識してSEO集客につなげなければ意味がありません。では、教育関係のSEOのポイントについて解説していきます。

学習塾の集客のポイント。ユーザビリティの重要性


LIBERTY
https://www.liberty-e.com/
掲載許可。承諾済み。

英語学校は全国的に人気の高い学習の場であるため、検索順位を少しでも上げたいと考える経営者やマーケティング戦略に携わる方は、アクセスに繋がるキーワードに対して強く意識することでしょう。

収益が増加すれば、企業としての実績や業績も高まり生活も安定する大切なポイントにもなりますが、アクセス数を伸ばすだけでは必ずしも結果にはつながりません。

Googleさんの提唱するユーザーが使いやすいサイト構築といった、誰もが調べればわかるSEO対策を講じるのは、どの企業も行っていますし、そこで大差を生み出すことは難しくもあります。WEB集客における重要なポイントはユーザビリティの重要性についてです。

ポイント1 学びの根源を明確に

LIBERTYさんのホームページを見ると、英語習得へのメソッド・短期間で目標を達成させる。といった強みを記載しています。

「英語を習得させます。」
どこの英語学校でもこのような内容を記載していますが、どのようなカリキュラムやメソッドを利用して、学校教育ではマスターすることが出来ない英語を習得させるのか?
通う生徒や社会人にとっては限られた時間の中で、お金を支払ってまで学ぶのだから、しっかりとした環境で学びたいというのは重要なポイント。

それぞれの英語学校によっても、教育方針やカリキュラムは違います。
日本でも英語学習のブームは何度もやってきています。聴くだけでマスターや駅前留学など、数多くの日本人がチャレンジしてきましたが日本人の英語力向上につながったケースは限られた努力をした方だけです。理解困難な場面になると諦めてしまいたくなるのが語学学習とも言えます。

一方で、正しい英語の構造を理解することで英語力を向上させることができると訴え、努力させる方向性や目標達成させるサポート体制まで充実したサービス展開しているのがLIBERTYさん。英語力によりこじ開けられる未来があると教えてくれます。

ポイント2 学生の成果を発表

ユーザーにとって通いたいと実感するのはどのようなことが重要か?
それは、結果です。

学習塾などでは、東京大学合格やハーバード大学合格などの実績が問われます。LIBERTYさんでは、生徒の声といった学生の生の成功事例が多く発表されています。TOEICやTOEFLにIELTSといったスコアアップの実績や、海外大学の合格事例が多く掲載されています。
このような、同年代の声というのは自身の目標へと勇気づけるものにもなります。

また、諦めかけてしまった夢を再度追いかけようとする社会人の方にとっても成功事例が多く掲載されていることや、短期間での習得を目指すだけでなく成果保証制度といった目に見える特徴などがプラス材料にも働きます。

ポイント3 良質な記事の豊富さ

学習塾などのWEBサイトのブログ記事では、効率よい勉強の手法をメインとした記事が多く書かれています。しかし、勉強したことでそのスキルの活かし方や、必要とされる現場の状況といったリサーチを軸とした、担当者だからこそ感じる出来事にスポットを当てた記事が掛かれているのかといったポイントもユーザーにとっては重要です。

仮に英語が必要のない社会であれば、英語なんて学ばずにパソコンなどのスキルを身に付けた方が得策です。しかし、グローバル社会において英語スキルを身に付けた人材というのは枯渇している現状だと言うのは社会人でなくても知ることはできますが、勉強に必死になっている学生にとっては理解が及ばないのは当然!

体感・体験しなければ理解できないことは世の中にはたくさんあるのですから、なぜ今必要とされるスキルなのか意識付けしてあげるには、良質な記事を担当者が豊富な知識で伝えることが重要なのです。

そのような記事を目にするからこそ、安心してお申込みしやすい、この学校で学びたいというユーザーの心に響くことにもなります。

まとめ

成功するための秘訣を教える学び舎も成長しなければならない時代です。

ネット集客においてキーワードだけを盛り込みアクセス数をバンバン伸ばしたい!
競合他社ひしめき合うなかで、検索エンジンの上位にサイトを表示したい!

このような、考え方は「もう古い」ということは他の記事でも口酸っぱく伝えています。
また、WEBという不明慮な媒体で成功へと導くには、ユーザーが安心して学べる環境や成功を実感できる対策を講じることがポイントとなっていきます。

おすすめの記事